排湾(パイワン)族 のハンちゃんと向かった聖地!! in 高雄

今日は、1ヶ月前にイランで出会った、排湾(パイワン)族のハンちゃんと会う日。

ハンちゃんとの出会いは、本当に奇跡的だった!!

待ち合わせして、親戚のお家に連れて行ってくれた!!

パイワン族の装飾が壁に飾ってあってとても素敵だった!!

カラフルな石、1つ1つちゃんと意味を持っている。

彼女は、日本語がとても上手だったので、

衣装交換や僕達の旅の事を詳しく話ができた!

ネイティヴアメリカンと出会って意識が変わった話。

世界の出会った民族の方と衣装交換をし、写真を撮り、オリンピック時に平和を訴える写真展をやりたい事を伝えた!!

真剣に話を聞いてくれて、凄くやる気になってくれた!!

そして、お土産に大好きなドラゴンフルーツ10個も頂いた!!ありがとう!!

「よし!!撮影をするなら山へ行こう」と

兄さん達と興味を持ってくれて、パイワン族の聖地の山に、一緒に向かった!

車で約1時間

観光客も入ることが出来ない特別な場所に連れて行ってくれた。

ここは、昔パイワン族の集落があった場所!

日本統治時に日本人に下山するよう命じられた。争いは好きな部族ではなく、日本人と戦ったら滅びると考え下山をしたと説明してくれた。。

昔の日本人の話を聞くと胸が痛くなる。。

 

山の上に着きご先祖様と山(聖地)にお供え物をして、挨拶をした。

ご先祖さまを敬う姿勢が素晴らしかった。

台湾の原住民の人たちが挨拶を自然と出来ることに感動した。

 

挨拶を終えて山の奥に入って行く。。

少し歩くと、大きな家があった。

ここは昔のリーダーが住んでいた家らしい。

家にもお供物をして、皆んなで挨拶をした。

中には、もちろん電気はなく、薄暗い、

柱には、人の形が彫ってあった

壁には、陶器の入れ物があった

昔の人が寝ていたベットもあった

焚き火の煙で家の中を清めた!!

外から見ると

木のところは、細かく色んな絵が刻まれていた。人間だったり、

動物が

壁は、薄い石を綺麗に積み上げて造られていた。

屋根が飛ばないように石が置かれていたり、石で家を支えていた!!

食べ物を置く場所もあって、

ネズミなどが上がってこれないように工夫もされていた。

ここは特別な場所で、ハンちゃんも始めてきたと言っていた!!

家の雰囲気が凄くて、神聖な場所にいるんだと感じずはいられなかった!!

こんな素敵な場所で衣装交換できるなんて嬉しいー!!

 

 

 

世界一周ブログランキングに参加中!!
1日1クリックして頂けたら順位が上がります。
ブログの応援宜しくお願いします(:D)┼─┤
ここにクリック
↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村